11月下旬は雨降りウィーク・師走に晴れてほしいな

11月下旬、4週目の週明けは雨上がりのどんより曇り、気温としてはちょっとの寒さという感じです。
雨は上がっていますが、空模様からしてもいったん止んで降りそうという雰囲気がするので、出かけるには傘を持参です。

降りそうでもあるし止んだのでこういう時はコンパクトの折り畳み傘、最近は軽量タイプの傘が普及しているので便利ですね。
霜月というこの一か月はひと降りするごとに気温と空気が冬に向かうころ、雨量としたら少ないほうがいいな、冬コートスタイルもありだし。

気象庁のお天気サイトによればこの下旬、4週目の内で2日や3日程度が晩秋の秋雨の予報、例年と比較しても11月は穏やかで暖かかったからしめくくりに雨模様もよいかな。
この月はすごし方としても12月よりゆったりできるし、時期的に肝心とすれば師走時期に晴れてほしい、忘年会や年末年始準備もあります。

師走はプライベートもいろいろ要件があるし、仕事面では例年通りという一年のまとめ時期だから忙しいし、多少寒いのでも晴れ傾向で年末休暇を迎えたいものです。
平野部だから初冬の初雪は1月の小寒のころか、冬寒く正常値のほうが春夏はよい気象になると言うのが気象の知識、この時期寒さは衣類と現代の便利カイロで通過しようと思っています。こちらもどうぞ⇒http://xn--senobic-s41mq33bxj6i.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です