ゼータCC(あるいはゴルフCC)

このぼやけたのがゼータCCの予想図です。以前にゴルフCCと言ったのと同じものです。コンパクトクーペの名前がこのように変わるのは、内部的にも決定してないからですね。

しかし、ゼータCCがもう少し現実的だと見るのは、ゴルフというハッチバックにクーペモデルを適用するより、セダンに4ドアクーペを適用するのが適しているように見えるし、海外市場でのゼータに力を与えることにも意味があるからだと分析されています。

2016年に次の世代ゼータが登場するしクーペは、その翌年に販売される可能性が大きく見えます。思ったより少し長く待たなければいけないですね。ちなみにシロッコ新型も2016年初め頃に販売される見込みです。参考にしてください。

ただしゼータCCではなく、ゴルフCCと決定してしまうと、その発売時期はもっと早まるということです。そしてゼータCCに出たら、今のゼータより車の長さが少なくとも50mm以上長くなるという事ですから。消費者の立場から見れば、ゼータCCに出てくれるほうがいいかなという気がします。ゴルフは永遠にハッチバックのままにおけば‥

パサートCC

今回の一部変更モデルを発売し、パサートCCという名前からVW CCで、その正式名称が変わったのです。全く新しいCCは2016年に出る予定だそうです。

デザインが変わるだけではなくエンジンも大きな変化があると期待されます。CCが3.5リッター6気筒エンジンで300馬力を出すのがあります。四輪駆動モデルです。しかし、ここでは2リッターターボエンジンが追加されます。 280馬力のトルクがなんと40.8kg.mになるらしい。。

3.5リッターエンジンよりもトルクがもっといいです。もちろんディーゼルも230馬力にトルクがなんと61.2kg.mの力を持つだろうと言われています。ツインターボTDIエンジンが生み出す加工するトルクの力です。現在の2.0 TDIの最大馬力とトルクが170に35.7kg.mだからどれだけ凄い馬力とトルクか確認できます。

まだすぐの話ではありません。しかし、今後クーペSUVが非常に激しい競争をするという予想は難しくないでしょう。このため、SUVに興味がある方であれば、今後どのようにトレンドが形成されるかを事前に知っておくのも良いかと思います。 VWのCCラインナップが果たしてどのような結果を得るか期待して見てみるのもまた一つの楽しみになるでしょう。購入はこちら>>>>>http://xn--nbkwf7a7d4dw489a.biz/

幼稚園に通う子供を育てている主婦は、燃費にすべての焦点が合いました。

市街地走行を主にする。幼稚園に子を連れて行ったり買い物に行く目的なので、とにかく燃費効率の良い車が私には一番重要だ。しかし、印象も良く乗ってみると1リッターあたり16.39km程度の燃費で満足している。夫に、この車を紹介したい。

それとともに彼女は “後部座席のすぐ後ろ、つまりトランクカバーと後部座席の間に隠れている収納スペースがありますが、実用的で良いです。”と述べました。

後部座席のヘッドガードの直後にトランクカバーがありますが。その間に適度に収納スペースがあります。それを言っているようですね。この車はあちこちに収納スペースを設けており、とても実用的です。

ヨーロッパのライフスタイルに合った構成をしたように見えますね。ただし、宣伝写真にそのような点が分かりづらいので少し残念だった。そしてアウトビルトは、この主婦はどのようなエンジンの車を乗ったのか教えてくれなくてそれがちょっと不満でした。