飼い猫が逃げて探した事故の日の顛末

うちでは6歳になるグレーの大きなモフモフのメインクーンのオスを飼っているのですが
この子が、臆病なのに外に出たがるという厄介な性格の子で
週に一回は首輪とリードをつけて団地の芝生で日光浴させるという
散歩ならぬ散座をさせています。

自分の周りの地面の匂いをクンクンかいだら、あとは座っているだけなので
何が楽しいんだろうとは思いますが
そもそも猫とはそういう生き物だろうと納得もしておりました。

ある日、母(72才)が猫を散座に連れて行った後
深刻な声色で「ビーちゃんに逃げられた」と言って帰ってきました。
うちの猫の名前はB太郎なので、普段は「ビーちゃん」と呼んでいます。

ビーちゃんはネズミが目の前を通っても一瞥して黙殺するほどのノロマだし
逃げるというのが想像つかなくて一瞬私もすごく動揺したのですが
とにかく現場を見に行くことにしました。
最初は、動いて探すよりもその場で待っていれば声に反応して出てくるだろうと思い
ベンチに座って母と2人で昔話などをして過ごしました。

母がリードを離した隙に急にダッシュで逃げたということでしたので
つまり首輪についたリードを引きずって歩いているわけで
そう遠くへも行かないだろうというタカもくくっていました。

しかし暗くなり始めてもビーちゃんは現れないので
徒歩10分の持ち家に住んでいる妹家族も出動してもらい
付近を本格的に捜索する体制に入ります。

一旦、現場に母を残して私は家に戻り
妹家族が来るのを待つことにして
懐中電灯とビーちゃんの好きなまたたび粉をナップザックに詰めて
捜索隊の指揮案を考えておりました。

しかし困ったことに
3歳になる姪(妹の娘)などは完全に遠足と勘違いしているらしく
そこらじゅうを走り回る始末なので
2次災害で姪が迷子になるのではないかと私を大変イライラさせてくるのですが
たかが猫探しに仕事上がりでお疲れの妹のご主人にまで来てもらってディスるわけにもいかず
もう少し大きくなったら、何か理由をつけて雷を落としてやろうと根に持ちながら
なるべく見ないようにしていました。

さて、母と出戻り息子の私の2人暮らしである私の家は集合住宅の1階で
お隣様は母と同年輩の物静かなご夫婦なのですが
当然、ベランダもつながっているため、しょっちゅうビーちゃんがお邪魔して
隣の奥様のハーブの鉢などを踏みつけてヒヤヒヤさせられます。

姪の嬌声に反応してドアから出てきた隣の奥様に
騒いでいる理由を説明すると
「おたくの猫ちゃんならうちのベランダで寝てますよ」
どうも、ビーちゃんはお隣様のベランダは私と母の家の一部だとおもっているらしく
自分ではちゃんと帰宅済の感覚だったようです。PR:青汁

夜寝ている間に二重になるナイトアイボーテ

ナイトアイボーテの人気の最大の理由は
夜寝ている間に周りの人に気づかれず二重になれることです。

何でも。。。
二重の矯正はまばたきの少ない夜がポイントなんですって。
寝ていればまぶたもリラックス状態ってことかも知れませんね。
普通アイプチで使われている接着成分は刺激が強く
長時間使用すると腫れてしまうなど
肌に大きなダメージを与えてしまいす。
ところがnewナイトアイボーテ2は。。
美容成分がたっぷり配合されているので
長時間使用しても安心。
寝ている間にまぶたを柔らくしてくれるので
二重のクセがつきやすい状態になります。
そして
引き締め効果で朝にはしっかりクセが付けられるのです。
ところが!問題もあります。
寝ている間に知らず知らずのうちにまぶたを
こすってしまい剥がれてしまうことがあるんですね。
無意識にやってしまうことだから仕方ないですが。。
こんな人達、実は昼間使用しています。
うまく使えばそんなに目立たないし
効果もあるとのことです。
「夜使い」でも「昼使い」でも自分に合った使い方で
二重づくりがんばりましょう。続きはこちら⇒ベジセーフ 効果

昔はそうでもなかった、今では大好き家庭の味。

最近ふと考えることがあります。
昔はお金のことを考えずに、あれやこれやと外食ばかりしていましたが、最近では家で自炊して食べる家庭の味のほうが好きだと感じます。
以前ほど外に食べに行かなくなったんです。結婚したせいもあると思います。

お店のメニューを見ると、「美味しそうだなぁ」と感じることも多々ありますが、やっぱり「家で食べるほうがいいや」となってしまうんですね。
ただの塩炒めをおかずに、温かい白いご飯の味をかみしめて「ああ、美味しいな」と毎日思います。
ちょっと凝った料理を作ると、もっと食べたいなと思って近日また作ってしまったり…自分でする調理は本当に楽しいです。

一つの献立にしても、色んな人の色んなアプローチからのレシピがあって奥が深い。
全部を全部理解はできないけど、真似してみると…あら美味しい!
作っていくうちになんとなく、なぜこう作るのか、を理解できてくるのも楽しいです。
たった大匙1違うだけでまったく変わる風味だったりも楽しいですね。ほとんど目分量なんですけどね…(笑)
「料理は実験と同じ」という言葉をちょこちょこ見かけますが、なんとなく分かってきました。

そんなこんなで最近は、カツとじ丼にチャレンジしてみました。
あんまりとんかつを食べないし、卵とじの料理も作らないので自分のなかで難しいな、と勝手に思ってましたが、旦那のリクエストで作る気になったんです。
いざレシピを調べて作ってみると、思ったよりかなり簡単でびっくりしました。
油を多く使ってしまうのがちょっと気になりましたけど…たまにはいいかな。
似たような献立で、親子丼を作る機会も増えました。
最初に作った親子丼は「美味しいけど、何か違うな…」と思ったのを覚えています。
しかし最近作った親子丼は、とっても「おふくろの味」のような温かさを感じました。
たった少ししか違わない調味料や、手順でこんなにも変わるものなのか…と、また調理の楽しさを感じた気がします。

当たり前になってしまうとなかなか気づけない家庭の味の温かさを、これからも大事にしていきたいな、と思いました。もっと詳しく⇒眼瞼痙攣

薬より食生活改善

ピンクの小粒コーラックは一番有名な便秘薬だと思います。
私が物心ついた頃にはもうありましたし、CMもよく流れていました。
母が使っていたので、家の薬箱にはありました。
母は便秘がちで、たまにコーラックを飲んでいました。
私が初めてコーラックを飲んだのは、18歳の時です。それまでは便秘の意味もわかりませんでした。
毎日便が出ていましたし、多い日は、2回出ることもあります。
凄く快便なのですが、18歳のときにひとり暮らしをはじめまして、多分ですが、環境の変化と、食事の変化で、便秘になってしまいました。よく思い出してみると、ひとり暮らしが嬉しくて、自分の好きなものばかり食べていた気がします。母の食事はバランスよく野菜が沢山使われていて、私の身体を気遣ってくれていた事に気付きました。
そして初めてコーラックを、飲みました。
2粒飲みました。
そしたら、30分以内にお腹が、ピーゴロゴロと音を立てはじめて、トイレに駆け込みまきた。トイレから長い時間離れられませんでした。私にとってはコーラックは効きすぎてしまうようで、それからは便秘解消の、為に薬を飲むことはやめ、食生活を見直すようにしました。今までキチンと考えて食事を作ってくれていた母に感謝です。こちらもおすすめ⇒ラフィーシャンプー